増補普及版
安藤忠雄 住宅
安藤忠雄が、自らの原点「住宅」を紐解き、感性と思考の軌跡を率直に語る。
現在の思いや初めて聞く原体験を語ったインタヴュー、最新の完全住宅作品リストを収録。
増補普及版として価格も新たに刊行します。

生きている住宅 50年つくりつづけて思うこと

序論 住宅という主題 安藤忠雄



■ 一章 いかに育ち、いかに学んだか
夢と現実の間
なぜ住宅の設計を続けるか?
日本の風土
建築家の「素性」
建築をどのように学んでいったか
本から学ぶ
二人の「師匠」
西澤さんの教え
新しい風を感じる
大阪に育ててもらった
大きいスケールと小さいスケール、それぞれの新しい動き


■ 二章 住まいという小宇宙から考える
生き生きとした戦後小住宅
「都市ゲリラ」の誕生
もう一つの「住吉」
「住吉の長屋」の中庭の意味
コンクリートとの出会い
開口がない壁
原点からの展開
自然に対する幾何学の対比 -小篠邸
「単純」で「複雑」を突き詰める -城戸崎邸
自然環境がつくる生活風景
幾何学がつくる複雑さとズレ -六甲の集合住宅


■ 三章 住宅の豊かさを追い続ける
現代都市の中に茶室をつくる -大淀の茶室
階段の大切さ
住宅にとって「昏さ」とは
空間の比率
ひとつの敷地で考え続けること
4m×4mの家のこと
海外での仕事 -マンハッタンのペントハウス
拡大するスケール、自立する幾何学
極小に挑み続ける/住宅の無限の可能性

二川幸夫との対談

身の回りから考える住宅の豊かさ

■クライアントからの手紙
『松村邸』
『住吉の長屋』
『松谷邸』
『小篠邸』
『TSビル』
『城戸崎邸』
『4m×4mの家』
『高槻の住宅』
『滋賀の住宅』
『靭公園の住宅』
『逸見邸』
『佐渡邸』
『見えない家』
『スリランカの住宅』
『モンテレイの住宅』
『マリブの住宅3』
『北ヨーロッパの住宅』

完全住宅作品リスト

Japanese text only
280 total pages
Size: 210×148mm
ISBN4-87140-691-8 C1052
2017
922日刊行
1,600+税




▽既刊