1999年から2014年の15年間にわたり、
安西水丸が遺した、旅のエッセイとイラスト集


2014年3月、イラストレーターで作家の安西水丸さんが急逝されました。
この度、『GA JAPAN』誌上で15年間(1999年36号〜2014年127号)にわたって、
水丸さんに連載いただきました「地球の細道」全92話を1冊にまとめました。
「地球の細道」では、水丸さんが日本だけでなく世界各地を訪ね歩き、
その土地にまつわる歴史や人物のエピソードを紹介するとともに、
水丸さんご自身が感じたことを、気負いのない文章と独特のほのぼのとしたイラストで綴っています。
特にお好きだったお城に加え、世界中の食や絶景、映画、絵画、音楽、天気の話等々、
水丸さんならではの旅の楽しみ方を伝えてくれる1冊です。
巻頭には、水丸さんが訪れた地をプロットした地図を付け、
あとがきは、親交のあった建築家・妹島和世さんに書いていただきました。
水丸ファンは勿論のこと、どなたにも気軽に楽しんでいただける、水丸版〈世界のガイドブック〉です。

INFORMATION

<安西水丸 地球の細道>展
GA galleryにて開催予定 2014年9月20日[土]〜2014年11月3日[月・祝]
more >>>


安西水丸 あんざい みずまる
1942年東京都生まれ。イラストレーター。 日本大学藝術学部美術学科卒業。
電通、ADAC(ニューヨークのデザイン・スタジオ)を経て、平凡社でアートディレクターを務めた後、フリーになる。
朝日広告賞、毎日広告賞などを受賞。小説、エッセイも執筆。
近著に『うさぎおいしーフランス人』(村上春樹と共著、文藝春秋)、 『青豆とうふ』(和田誠と共著、新潮社)など。
2014年3月没。




   
   
   


国内

1 松江には築城名人堀尾吉晴がいた 島根県松江市
2 唐琴の海で、津田永忠の一文字波止を見た 岡山県瀬戸内市牛窓町
5 殺生関白秀次の残した近江八幡の輝き 滋賀県近江八幡市
7 来日したフランス人技師F・レオンス・ウェルニーは28歳だった
 千葉県南房総市
8 足袋の町にはかつて難攻不落の名城があった 埼玉県行田市
12 曽良の俳号は、木曽川の曽と長良川の良からできている
  長崎県壱岐市(壱岐島)
14 房総半島の南端にはこんな人物が流れ込んできた 千葉県南房総市
16 立石寺のバランス美は芭蕉も名文で語っている 山形県山形市
18 江ノ島の海でイルカを見た 神奈川県藤沢市(江ノ島)
20 木地師の話。木地山系のこけしのこと 秋田県栗駒山西部
24 北方の探検家たち 北海道
26 西部国境警備隊の町から八王子城趾へ 東京都八王子市
28 売れっ子建築家、小堀遠州 岡山県高梁市
34 築城の名手、藤堂高虎は今ならどのような建築家であろうか 三重県伊賀市
36 八丈島雑記 東京都八丈町(八丈島)
37 築城名人、加藤清正に両角あり 熊本県熊本市
39 紀州に水利土木の鬼才有り。井沢弥惣兵衛のこと
  和歌山県(熊野古道中辺路)
41 痛快、真田一族から松代大本営のこと 長野県上田市
43 突然現れて消えた用水工事の天才 石川県金沢市
45 多聞櫓は、戦国の梟雄松永久秀のアイディアから生まれている
  奈良県吉野郡〜奈良市
47 北への旅で感じたこと 青森県青森市
49 種子島には、このようにして鉄砲が伝わった 鹿児島県熊毛郡(種子島)
51 「しまなみ海道」の旅。海の大名村上水軍のことなど
   広島県尾道市〜愛媛県今治市(しまなみ海道)
53 世界遺産となった石見銀山、そして尼子氏の盛衰 島根県大田市
56 佐賀を歩き、「肥前の熊」、龍造寺隆信をおもう 佐賀県佐賀市
58 ウニ丼の旅で学んだこと 北海道増毛郡〜留萌市
60 縄文杉は頑固親父の顔をしていた 鹿児島県熊毛郡(屋久島)
62 「カカア天下と空っ風」上州の旅 群馬県前橋市
64 村上は越後で一番城下町の面影を残している 新潟県村上市
66 民藝に魅せられた鳥取の旅 鳥取県鳥取市
68 南国土佐でおもったこと 高知県土佐市
70 敗者を見つめてきた街、下関を歩く 山口県下関市
72 まさに「小江戸」、佐原を歩く 千葉県香取市佐原町
74 城下町備中高梁を歩く 岡山県高梁市
76 信州の小京都、城下町信州飯田を歩く 長野県飯田市
78 はじめての佐渡の旅 新潟県佐渡市(佐渡島)
80 東京から近い土浦は見どころの多い城下町 茨城県土浦市
82 「掛川城跡」から「ねむの木美術館どんぐり」まで 静岡県掛川市
84 天童織田藩の城下町天童市を散策する 山形県天童市
86 新宮を歩き、巨岩からパワーを得る 和歌山県新宮市
88 「伊予の小京都」、大洲を歩く 愛媛県大洲市
90 石見銀山の間歩を歩く 島根県大田市
92 丹羽氏が最後の城主だった二本松を歩く 福島県二本松市

 

海外

3 永遠のローマはベルニーニが創った ローマ/イタリア
4 ブルーウイローのこと、古代ローマ人の残したもの バース/イギリス
9 チェコ人の建築家は20世紀を代表する歴史の証人を設計した
 プラハ/チェコ共和国
11 映画の楽しみには、建築を見る楽しさもある ニューヨーク/アメリカ
15 アトランタの話から、リー将軍の恰好よさ アトランタ/アメリカ
17 日本にはガウディ信奉者が多い バルセロナ/スペイン
19 何だか私的ニューヨーク談話になってしまった ニューヨーク/アメリカ
21 ポルトガルのふしぎ リスボン/ポルトガル
25 ウィーンからブダペストへの旅 ブダペスト/ハンガリー
27 イヌイットの壁掛け、イグルー作り、そしてオーロラ
  フォートスミス/カナダ
29 グラスゴーでマッキントッシュ建築を見る グラスゴー/イギリス
31 アメリカ南部とフォークアートの人々 タスカルーサ/アメリカ
33 カディスから洞穴住居の町へ カディス〜グアディクス/スペイン
35 スリップウェアに魅せられてコーンウォールへ コーンウォール/イギリス
38 オーストラリアのふしぎ ケアンズ,シドニー/オーストリア
40 ケープ・コッドへの旅、ソローのことなど ケープ・コッド/アメリカ
42 エッフェルは鉄のスペシャリストだった パリ/フランス
44 映画「トロイ」、そしてオデッセウスについておもうこと
  イタキ島/ギリシャ
46 陶器の町はスピットファイアを生んだ男の町でもあった
  ストーク・オン・トレント/イギリス
48 はじめての中国、国際都市上海の旅 上海/中華人民共和国
50 突然のマレーシアへの旅で思い出したマラッカのこと
  クアラルンプール〜マラッカ/マレーシア
52 アラバマ州、モントゴメリーでおもったこと モントゴメリー/アメリカ
54 中世、ハンザ同盟の中心地リューベックを歩く リューベック/ドイツ
55 ユーゴスラビアは崩壊した
  ドブロブニク/クロアチア共和国〜モタール/ボスニア・ヘルツェゴビナ
57 「神秘の仔羊」を求めて ブリュッセル〜ゲント/ベルギー
59 活気と退廃の混じり合った街、アムステルダム アムステルダム/オランダ
61 雨のタンジールを歩く タンジール/モロッコ
63 タヒチの旅、ポール・ゴーギャンを辿って タヒチ島(フランス領ポリネシア)
65 グリーンガーデン、シンガポールの日々 シンガポール
67 真冬のバンクーバーにて バンクーバー/カナダ
69 アメリカ本土最南端 キー・ウエストの5日間 キー・ウエスト/アメリカ
71 フランクフルトの過ごし方 フランクフルト/ドイツ
73 オスロの旅、ヴァイキングとは何か オスロ/ノルウェー
75 はじめてのヴェネツィア ヴェネツィア/イタリア
77 夏時間のストックホルムを歩く ストックホルム/スウェーデン
79 アメリカ南部の古都、サバナからチャールストンへ
  サバナ〜チャールストン/アメリカ
81 パリからアンリ・ルソー生誕の地ラヴァルへ ラヴァル/フランス
83 草原をわたる風、モンゴルの旅 ウランバートル〜テレルジ/モンゴル
85 マルセイユのシェパード事件 マルセイユ/フランス
87 憧れのエトルタでの一泊二日 エトルタ/フランス
89 雨のカンヌもいいものだ カンヌ/フランス
91 ゴーギャンの絵一枚見るためにボストンへ ボストン/アメリカ

 

その他
6 スノードーム。そして暗黒街の帝王と天才ライト
10 土木の天才、行基菩薩はひたすら民衆のために生きた
13 一本の映画から、アメリカを描いたアーティストへ
22 武将には築城の名手や土木好きがあんがい多い
23 トルコとタウトと達磨寺の洗心亭
30 侠客と建設の関係
32 左甚五郎の謎、左甚五郎から学ぶもの

380 total pagesr
ISBN 978-4-87140-687-1 C1052
2014
825日発行
2,200+税