二川幸夫が遺した最後の写真集。

二川幸夫が1950年代から追求しつづけた,日本建築の空間とかたちの記録は,
四季それぞれの自然を含めた総体的な美しさの創造として現代まで引き継がれていた。
構想60年,新たな映像技術も積極的に加えて最後に取り組んだ総決算の写真集。
日本建築の近代性のスピリットに迫る,「誰も見たことのない」宮廷の庭園と建築の空間。

 

大型上製本ケース付き
280 total pages
ISBN978-4-87140-496-9 C1072
257 x 364 mm
2017年2月24日発行


24,000+税